ドヰ福祉法務事務所公式ブログ    
03 Jun 2010   12:55:25 pm
twitter登録アドレス
http://twitter.com/doioffice

よろしくフォローお願いします。
カテゴリー : 事務所からのお知らせ(起業関係) | Posted By : Admin |
13 Jan 2010   08:48:06 pm
裏の裏は、表・・・なるほど
正攻法に攻めれば、大本営発表しか聞こえてきませんが、振り方を変えたり、斜めから見ると全く違う答えが出るという事があります。

この歳ながら、世の中そういう事が多いんだなあと、関心しきりです。

アメリカやイギリスなどでインテリジェンス(intelligence)は、知性や情報の意でもありますが、まさしく、そうなんだ・・・。

ある面、福祉、介護分野に携わりながら、情報がインテリジェンス(intelligence)としっかり理解出来ている様々な分野の方々と

新たなネットワークが構築されて、それがビジネスに繋がっている自分は有り難い身であると思っています。

今後は福祉や介護に携わる方々とそのような共有が出来ればと思っています。

奥歯に物が挟まったような言い方ですが、これがintelligenceだから(笑)。
カテゴリー : 事務所からのお知らせ(起業関係) | Posted By : Admin |
28 Sep 2009   05:09:54 pm
年収300万の独立と年収1000万超のサラリーマンの比較
 最近、面白い話を聞きました。

社会福祉士で独立したけれど、年収300万だとか。


『おいおい、そんな人間が成年後見をメインの業務なんか希望して・・・、実際にやって・・・、大丈夫か!!!』

と思うのは、私だけでしょうか?

聞くと、独立して自由だから、その年収と比較しても、やりがいと充実感があるんだとか〜。

一方では、我慢して、介護業界で遂に1000万を超える収入るサラリーマンの話も聞きました。

さて、どちらがいいでしょうか、皆さんは???

いずれにせよ自分のキャリアは自分で育て、作るべきものだと思います。

自ら目標を立て、その目標に向かってキャリアアップしていくための自己管理が求められます。

自分の仕事に面白みや、自信が出るのは、30歳から35歳あたり。このころまでにどんな経験や能力開発を行ってきたかによって、人生の後半である40歳以降を花のあるものに過ごせるかどうかが決まってきます。

とすれば・・・・、30代半ばまでに、自分の市場価値を高めるためにどう行動すればいいのでしょうか。

よく、『資格をとってから・・・』、とかありますが、これは、一つの手段でしかありませんし、絶対ではないでしょう。

まずは、前提として、キャリアプランを設定しておく必要があります。

その目標を立てることによって、その将来の自分と比較して、自分は今どの位置にいるのかを自分の市場価値を知る作業で確認し、さらに、今後自分は何をすべきかという行動の指針がはっきりと持てるようになるのです。

キャリアプランというと、老後を含めて想定しがちですが、企業10年説のこの時代に、そんな先のことまで考える必要はないでしょう。

せいぜい3年後くらいを目安に、そのときに自分はどうなっていたいのかを考てみてはいかがでしょうか。

そこから先のことは、その時点で改めて修正すればいいと思います。

具体的にどんな目標を立てればいいのでしょうか。お金を気にする人がいますが、やはり、組織を出た時にその時の年収を超えれるかどうかがポイントだと思います。

会社にいても、ちゃんと、外に出たら、今の給料もらえないことわかってる人も多いはずです・・・・。


それとやはり、独立は40歳前がいいですね。40過ぎると気力、体力が衰えて力が出なくなるのが、実感です。

40歳過ぎて独立している人は、独立とは名ばかりの自己満足型か、バイタリティの塊みたいな人か、どちらかではないでしょうか。

いかんせん300万〜400万で社会福祉士が独立なんてレベルではサラリーマンやってる方が上って思われても仕方ないかもしれません。

つらい話ですが・・・・・・・。
カテゴリー : 事務所からのお知らせ(起業関係) | Posted By : Admin |
23 Jun 2009   12:30:46 pm
自分らしさ、そして人間らしさ
 組織を運営するのは人間ですが,その人間の一人一人が「自分らしさ」を見失い,その組織に安住する気持ちを持ち始めると,やがては組織そのものが柔軟性を失い崩壊が始まります。

 その中で働く人間がやる気がなければ,やがて組織そのものが人間の意欲を奪い,没個性化した人間だけで組織されることにになっていくのです。

 これは、トップや中にいる人間こそが気がつかないものなのです。

 組織の中に埋没することで,その精神的な「楽さ」を得た結果,「自分らしさ」という魂を奪い取られた形でしょう。

 まるで組織という 「悪魔」に魂を奪われたように・・・・・・・・。

 誰しも大きな組織の中の小さな歯車になるのはイヤですよね。

 しかし,人間はどこかで安住さを求める本能というか、堕落的な面を持っています。

 だから、組織を向上する為に自らを高める努力をせず、上司のご機嫌取りでその場をしのぐのです。

 急に社会的需要で大きくなった介護事業者には、実は多い気がします。

 所属欲求を希求するという性質は私自身もよくわかります。

 事実、私は、子供のころから、外交官とか駐在武官になりたいと思っていました。

 究極の組織の帰属意識ですね。

 それ以外は、どうでもいい、むしろその反動が今の自分でしょうか?

 
 結局,人間は「自分らしさ」と「組織」の論理の狭間で苦しむことになります。家族がいると、なおさらです。

 自分らしさを求めるか・・・組織の中で安住するか・・・結局 どちらかといえば、ほとんどが組織を取るのです。

 これは、これで全然OKです。

 組織にいようが、いよまいが、自分らしさを求めるということは,勇気とエネルギーが要るのです。

 至る所にある障害を誰の手も借りずに乗り越えていかなくてはなりません。

 苦労も失敗もします。
 
 自分の今までの人生は、非常に、ちっぽけですが,自分の心に従ってきた思いがあります。
  
 仕事で,毎年百人を越す新たな出会いがあるのですが,面白いことに,その人々は,みな組織に所属していても自分というものをしっかり持っている人が多いです。

 まさに類は友を呼ぶとでもいいましょうか、こうした人は,皆一様に,前向きです。

 その上,みな自分自身の美徳をいくつも持ち合わせています。

 自分の人生は自分で送ると思っている人達ばかりでお客様からも非常にリスペクトをいただきます。

 今私は、自分らしく生きているという証しを持てています。人間らしいなぁと思う所以であります。

 

   
カテゴリー : 事務所からのお知らせ(起業関係) | Posted By : Admin |
30 May 2009   05:03:45 am
一職業人としての矜持
最近 どこかの国の宰相が「矜持」という言葉を使い物議を醸しました。


「矜持(きょうじ)」確かに最近は、あまり使われなくなった言葉の一つです。

辞書では「矜持:自分の能力を信じて持つ誇り」と出てきます。

唐突ですが・・・、私は給料をもらっていませんし、妻や子供が稼いでくれません、年金だってもらえません。

ですから、私自身は小さくとも経営者として自分を意識する事が多いので、「経営者としての矜持」というものを考える場合もあります。

しかし、もっと根本に「一職業人としての矜持」があります。

先日、仕事の中で、新たな商品開発、ネットワークの可能性について、語り合い、おおいに盛り上がりました。

その時のお相手は、1年以上前に御声がけいただいた会社様からのご紹介の会社様でした。

その時の話では、先に御声がけいただいた会社様のルートが逆に流通経路を煩雑にすることも想定されました。

そのお客様がビジネスモデルに加わらなければ、楽と言えば楽なのです。

しかし、私の「矜持」として、その1年以上前に御声がけいただいた会社様に何の相談もしないで、「はい、やりましょう!やりましょう!」と言えない性質なのです。

私は、仕事を戴いた方には、出来れば仕事で恩返しをしたいと思っています。

そのお客様には、私は何も恩返し出来ていないのです。

それを、「なんとかしたい いや、するのだ!」

これが、私の「一人の職業人としての矜持」の一つです。

浪速節でなく、WIN−WINの関係を意識しています。なかなか実行が難しい事が多いのも事実です。

お仕事する上で、どんな職業であれ、プロフェッショナルとしての矜持を持った人の仕事は、清々しさを感じさせてくれます。

私以上にWIN−WINの関係を意識していただける方も多くですし、もっと立派な矜持をお持ちの方もたくさんおられます。

そのような矜持が 垣間見る事が出来たとき、まだまだ自分はヒヨッコだと思い反省しきりなのです。
カテゴリー : 事務所からのお知らせ(起業関係) | Posted By : Admin |
 
ページ: 1 2 3 Next
Jul 2019 8月 2019 Sep 2019
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ドヰ事務所HPへ
福祉法務総研HPへ
所長のつぶやきへ
カテゴリー
街角事件簿(写真集) [21]
事務所からのお知らせ(法務関係) [43]
事務所からのお知らせ(介護関係) [27]
事務所からのお知らせ(起業関係) [14]
自転車エコライフ [77]
所長の平凡な日常 [101]
リーセント
事務所にアクアリウムを設置しました。
運転経歴証明書を活用しましょう。
国際業務を開始致します。
出張封印取付作業代行実施者 推薦状を戴きました。
サイクル・エイド・ジャパンに参加してきました。
取次申請研修 合格しました。
電子定款認証代行業務開始
大野誠一先生ご退職記念の会
最近の医療関係職種国家試験合格率低下についての考察
これはジャズか
アーカイブ
4月 2010[24]
3月 2010[5]
2月 2010[14]
11月 2009[4]
7月 2009[22]
6月 2009[52]
5月 2009[28]
1月 2009[28]
12月 2008[14]
10月 2008[35]
9月 2008[42]
8月 2008[15]
検索
組織化
Powered by myBloggie 2.1.4