ドヰ福祉法務事務所公式ブログ    
23 May 2009   11:22:21 am
専門バカの社会性
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると

社会性とは

以下『  』内抜粋文書

『他者の存在に関心を持ち、積極的に関わろうとする姿勢、および関わるための技術を指す。

社会に関わるためには、最低限以下の能力が必要とされる。社会技能(ソーシャルスキル)と呼ばれるものである。

,修両譴良塋故Г箘徒曚領参鬚魑發濕茲譴襦
⊆分の発した言動が、相手にどう受け取られるか想像出来る。
自分の考えを、上手に相手に伝える事が出来る。』
とあります。

なるほど・・・・・、私には このスキルがないから、会社勤めが出来なかったとも言えます。

反面、独立したからこそ、必要なスキルとして、無いことに猛省し、獲得したスキルなのかも知れません。

私は、現在介護分野での経験を活かし、異業種の方々と様々な橋渡し的役割を微力ながら担っています。

その方々とお話する機会の中で、異口同音に聞かれるのが介護従事者のこのスキルの話題です。

以外にもこのスキルが無いとおっしゃる方が多いのです。

社会福祉士、介護福祉士 介護支援専門員(ケアマネジャー)は、ソーシャルワーク技法として学んでいるはずなのですが・・・。

仮に「その場の不文律や暗黙の了解を汲み取れる。 」ことは、クライアントのアドボカシーの為に出来ないとしましょう。

しかし、「自分の発した言動が、相手にどう受け取られるか最終的に想像すらしていない。」 人は非常に多いと思います。

間違った主張をしている訳ではないようですが、自己の専門性や正当性を頑なに堅持したいが余り、人の印象を悪くしている人が多いというのです。

「天晴れ!!あんたがそこまで言うなら・・・」っていう人間は、そう多くはなく、・・・そうすると、対立せずとも、関わりを避けられたりします。

介護保険事業の範疇では「専門性を活かす」事が出来ましょうが、異業種の方に同じように接したら、間違いなく大きなマイナスとして作用します。仕事がドンドン減って行く、又はいい話も回ってこなくなる事は確実です。

そう言う私も「専門バカ」と揶揄された経験があります。

そう言われて頭にきました。「言わせておけ、なすがままよ!」と思っていました。

しかし、結局この言葉が頭から離れず、意識するからこそ、仕事が順調にこなせているのかもしれないと思っています。

これも専門バカの社会性の一つかもしれませんが・・・.
カテゴリー : 事務所からのお知らせ(起業関係) | Posted By : Admin |
 
ページ: 1
Apr 2009 5月 2009 Jun 2009
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
ドヰ事務所HPへ
福祉法務総研HPへ
所長のつぶやきへ
カテゴリー
街角事件簿(写真集) [21]
事務所からのお知らせ(法務関係) [43]
事務所からのお知らせ(介護関係) [27]
事務所からのお知らせ(起業関係) [14]
自転車エコライフ [77]
所長の平凡な日常 [101]
リーセント
事務所にアクアリウムを設置しました。
運転経歴証明書を活用しましょう。
国際業務を開始致します。
出張封印取付作業代行実施者 推薦状を戴きました。
サイクル・エイド・ジャパンに参加してきました。
取次申請研修 合格しました。
電子定款認証代行業務開始
大野誠一先生ご退職記念の会
最近の医療関係職種国家試験合格率低下についての考察
これはジャズか
アーカイブ
4月 2010[24]
3月 2010[5]
2月 2010[14]
11月 2009[4]
7月 2009[22]
6月 2009[52]
5月 2009[28]
1月 2009[28]
12月 2008[14]
10月 2008[35]
9月 2008[42]
8月 2008[15]
検索
組織化
Powered by myBloggie 2.1.4