ドヰ福祉法務事務所公式ブログ    
26 May 2009   06:02:49 am
至福
私は、ジャズが好きです。20年以上前から聞いています。

亡き叔父が初めて聞かせてくれたアートブレイキー&ジャズメッセンジャーズは今でも鮮度を落ちたと思わずに聞けます。



大西順子のヴィレッジ・ヴァンガード兇涼罎房録されてある美空ひばりの「りんご追分」、原曲はもちろん日本の演歌ですが即、世界の共通のものに変えています。「素敵」の一言につきます。



しかし、家では、なかなか聞けません。

ワイフは結婚する前、「ジャズが好き!!」ってのたまったので、独身時代は結構ジャズCDを貸したのを記憶しています。

今では、聞いていると「ヘッドフォンで聞いてくれる!!!」と迷惑そうな口調で注意されます。

ですから、決まって皆が寝静まった深夜、風呂上りにリビングを綺麗に片付けてビール片手に照明を暗くしてジャズバーに変身させるのです。

しかし、にわかジャズバーは、虫のなくような低音でしか聞けません。ソニー・ロリンズのサキコロがマイルスのミュートプレイに聞こえる音量です。サージチャロフのバリトンは急に大音量になるので、アンプの音量ツマミは常に握っている状態です。

まあ、アルバムが、また違って聞けるのもオツなものですが・・・(相当、やせ我慢)。

昨日は、愛車に乗り、出張でした。

実は、この車 昔の車なので10連式CDチャージャーがついています。
ですから、ここでワイフのお気に入りのジャレタレ歌手 ス○ップを断固拒否し、カールパーキンスやサージチャロフなど好きなジャズメンのCDで固めています。

それを大音量で移動中聞けたのです。至福の時間でした・・・・・。

スピーカーも上物がついているせいか、ベースがゴリゴリと鳴り、ブラシがシンシンと鳴るのです。 「ああ、ジャズは、やっぱりいい音で、しかも大きな音で聞かなきゃ・・・・」と思い知らされました。

なぜ、ワイフは、ジャズが好きと言ったのか ふと思い出しました。
彼女が初めて聞いたジャズはチェット・ベイカーの「チェット・ベイカーシングズ」なのです。



男からするとナメクジが這うように聞こえるトーチソングかも知れませんが、

―性からすると逆に甘い男性の囁きに聞こえる。

▲献礇吋奪箸糧男子を見て、メロメロになる。・・・・・・のかもしれません。

彼女はずっとこれと同じものを求めて、求めきれないような気がします。

まあジャズを語れる女性と私がお会いする機会はございませんでしょうが・・・・。

良かったら男性も女性もジャズ入門に、この「チェット・ベイカー・シングス」を聞いてみたらいかがですか?

きっと好きになるか?嫌いになるか、どっちかでしょう。

因みに私は、1年1回 無性に聞きたくなります。「吉野家の牛丼を食べたい」という1ヶ月に1度の無性度より落ちますが・・・・・。
カテゴリー : 所長の平凡な日常 | Posted By : Admin |
 
ページ: 1
Apr 2009 5月 2009 Jun 2009
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
ドヰ事務所HPへ
福祉法務総研HPへ
所長のつぶやきへ
カテゴリー
街角事件簿(写真集) [21]
事務所からのお知らせ(法務関係) [43]
事務所からのお知らせ(介護関係) [27]
事務所からのお知らせ(起業関係) [14]
自転車エコライフ [77]
所長の平凡な日常 [101]
リーセント
事務所にアクアリウムを設置しました。
運転経歴証明書を活用しましょう。
国際業務を開始致します。
出張封印取付作業代行実施者 推薦状を戴きました。
サイクル・エイド・ジャパンに参加してきました。
取次申請研修 合格しました。
電子定款認証代行業務開始
大野誠一先生ご退職記念の会
最近の医療関係職種国家試験合格率低下についての考察
これはジャズか
アーカイブ
4月 2010[24]
3月 2010[5]
2月 2010[14]
11月 2009[4]
7月 2009[22]
6月 2009[52]
5月 2009[28]
1月 2009[28]
12月 2008[14]
10月 2008[35]
9月 2008[42]
8月 2008[15]
検索
組織化
Powered by myBloggie 2.1.4